議論するパフィン

部門間コミュニケーションを改善する方法(別名、お互いにイライラするのをやめる方法)

あなたはチーム営業?それとも他部門のチームですか?

少しメロドラマチックに聞こえるかもしれないが、部門間の関係に関しては、"Us V Them"の長い歴史がある。

その理由はさまざまだが、その多くは「コミュニケーション」というシンプルな要素に集約される。ダイナミックなセールスの世界は、取引を成立させ、顧客を満足させるために調整された、成功するセールス・テクニックの数々を生み出した。これらのテクニックは、自己主張、外向性、説得力のある言葉を強調することが多い。しかし、こうしたコミュニケーション手法は、他部署とのやり取りにおいても普遍的に通用するのだろうか?

いや、そんなことはない。 

コミュニケーションを多面的なダイヤモンドと考えてみよう。それぞれのファセットは異なる光を反射するが、同じ宝石の一部である。同じように、組織内の各部門には独自の「言語」やコミュニケーションのスタイルがあり、多くの場合、その役割、目標、課題によって形作られる。例えば、財務チームはデータに基づいた議論を優先するかもしれないし、クリエイティブなマーケティング部門はストーリーテリングや感情的な響きに惹かれるかもしれない。一方、テクニカル・サポート・チームは、問題解決のための対話を重視し、簡潔で明確な情報を求めるかもしれない。

@tldv.io

インターンは、私たちが余分なものを必要とするときのための包括的なキャラクターかもしれない#productmanager #product #developer #qa #uxdesign #sales #tech #startup #corporatehumor #aitools

オリジナルサウンド - tldv.io - AI ミーティングレコーダー

外向的で説得力のある営業部門は、このような多様なチームと接するとき、コミュニケーション・スタイルを適応させる必要がある。なぜか?なぜなら、コミュニケーション方法を理解し、調整することで、より良いコラボレーション、相互尊重、そして最終的には、よりまとまりのある効率的な職場環境が育まれるからだ。 

同様に、営業部門は自分たちのメッセージを「押し売り」することに慣れているため、自分たちのコミュニケーションが他者にどう解釈されるかを必ずしも理解していない可能性があることを、他部門も理解する必要がある。

結局のところ、すべては理解と少しのギブ・アンド・テイクなのだ。

営業対世界:ステレオタイプを理解する

大衆文化や多くの企業内では、営業担当者はしばしば、声が大きく、外向的で、ちょっと強引かもしれない、という特殊なイメージを持たれている。彼らの会話の才能と「取引を成立させよう」という生来の意欲は、会社のパーティーの中心的存在という評判を得ている。しかし、どのようなステレオタイプもそうであるように、この筆は過度に広いストロークで描かれている。

多くのセールス・プロフェッショナルがこのような特徴を示しているが、これが彼らの性格の総体だと考えるのは単純化しすぎだ。陽気な外見の下には、戦略、リサーチ、そしてしばしば、製品と顧客の両方に対する深い理解がある。問題は、営業マンはただ外向的なだけなのか、それとも単に誤解されているだけなのか、ということだ。

他部門に目を向けると、彼らもまたステレオタイプを持っている。

財務チームは、しばしばスプレッドシートに覆われ、利益に集中しすぎて全体像を見逃していると非難されることがある。

そして、マーケティングだ。彼らはその創造性で称賛される一方で、おそらく一貫性を犠牲にして、あらゆる光り輝くものを追い求めるという共通のジャブがある。

製品チームは、市場の需要に敏感であることが評価されているが、時として、過度に野心的であるとの批判に直面する。

ユーザー・リサーチは、顧客心理を深く掘り下げるにもかかわらず、データにとらわれすぎて、数字の背後にある人間的要素を見逃す可能性があると非難されることがある。

そしてデヴは?彼らは夢をデジタルな現実に変える設計者である一方、専門用語だらけの会話でからかわれることも多い。

このようなイメージは、grain 、真実ではあるが、これらの部門がもたらすスキルや視点の深さと広さを正しく伝えていない。例えば、財務チームは、単に数字を扱うだけでなく、会社の成長を保証する戦略的プランナーである。マーケティング担当者は、クリエイティブな能力だけでなく、市場動向や消費者行動を理解することに長けている。そしてサポートは?彼らは単なる問題解決者ではなく、製品開発とユーザー・エクスペリエンスの架け橋となることが多い。

だから、各部門をきれいな箱の中に閉じ込めてしまいたくなるかもしれないが、そろそろそのような型にはめるのはやめよう。各チームが持つ独自の強みやコミュニケーション・スタイルを放棄することではありません。むしろ、各部門とその中の個人の多面的な性質を認識することだ。結局のところ、ステレオタイプは便利な略語かもしれないが、それがすべてを物語ることはめったにない。企業では、このような誤解を解くことで、よりスムーズなコラボレーションと、より豊かで包括的な職場文化を実現することができるのです。 

忘れてはならないのは、固定観念を打ち砕くことであって、オフィスのコーヒーカップではない。

部署を超えたコミュニケーションクリフノート

効果的なコミュニケーションとは、単なる言語を超えたものであり、相手の立場を真摯に理解することが必要である。

営業担当者にとっては、相手の部署によって異なるコミュニケーション能力を身につけることを意味する。


ファイナンスの話は数字、予測、指標で埋め尽くされる。しかし、だからといって営業がカリスマ的なセンスを犠牲にする必要はない。具体的な話と抽象的な話のバランスを取ることだ。予算や収益目標について話すときは、数字を持ち込むが、それらを物語に織り交ぜる。変動、傾向、予測を説明するためにストーリーテリングを使うのだ。そうすることで、データがより消化しやすくなるだけでなく、ストーリー主導の営業アプローチにも共鳴する。

マーケティング用語:ハッシュタグやバイラルビデオだけではない
マーケティングは、派手なキャンペーンや流行の話題ばかりではない。成功するキャンペーンの裏には、リサーチ、戦略、オーディエンスの理解がある。マーケティングチームと関わるときは、表面的なことだけにとらわれないことが重要だ。プロモーション戦略について議論するだけでなく、ターゲットオーディエンスの行動や市場セグメント、ブランドメッセージのニュアンスについて深く掘り下げてみましょう。このような重層的なアプローチによって、より有意義で生産的な交流が可能になります。

Development chats: less jargon, more java
エンジニアリングや開発チームとのやり取りは、時として外国語を話しているように感じることがある。しかし、一行一行のコードの裏には、問題解決のマインドセットがあることを忘れないでください。技術的な専門用語にとらわれるのではなく、全体像に目を向けましょう。製品機能やエンドユーザーのメリットの背景にある「理由」を共有しましょう。物事が複雑になりすぎたら?コーヒー(またはジャワ)で休憩すれば、専門用語のないリラックスした会話への道が開けるかもしれない。

The art of successful sales techniques across department
部署を超えたコミュニケーションを真にマスターするためには、営業担当者はそれぞれのチームの言葉や考え方に合わせた営業テクニックを駆使する必要がある。積極的な傾聴、的確な質問、各部門の目標や関心事に沿った会話などである。コミュニケーションスタイルを適応させ、進化させることで、営業担当者はより良いコラボレーションと相互理解を育み、組織の共有目標を前進させることができる。

C-Suiteと話す:コミュニケーションの双方向性

バーチャルな役員会議室では、部門間のコミュニケーションに関しても、ひとつの大きな象がいる。明確なコミュニケーションの責任は、上級管理職やCレベルの経営幹部に情報を提示する側にあることが多いが、リーダーシップが理解と尊敬の環境を醸成することも同様に重要である。彼らの立場は、意思決定や方向性を決定する権力を持つ一方で、近づきやすく励ましやすいという責任も担っている。

Cレベルのエグゼクティブにとって、「とにかくもっと売れ」「この機能を追加しよう!」というような発言は、トップレベルの視点から見れば真っ当な指示に見えるかもしれない。しかし、そのような包括的な指示は、現場のチームの士気を下げ、過度に単純化する可能性がある。営業チームや製品は、他の部門と同様、明確な目標、実行可能なフィードバック、そして理解されているという実感を得ることで成長する。単に多く売ることや「創造」することではなく、その背景にある「理由」と「方法」を理解することが重要なのだ。

より協力的でやる気を起こさせる環境を醸成するために、上級管理職は以下のことができる:

理解を求める
指示を出す前に、目の前の仕事の課題やニュアンスを理解する時間を取る。

明確な目標を提示する
あいまいな命令ではなく、タスクの複雑さを単純化しすぎず、方向性を示す明確で実行可能な目標を提示する。

フィードバックのチャネルを開く
チームが懸念、課題、提案を発言することを奨励する。そうすることで、チームが評価されていると感じられるだけでなく、見落とされていたかもしれない戦略的な洞察を得ることができる。

共感する
営業部門を含め、どの部門にもプレッシャーや課題があることを忘れてはならない。共感することは、相互の尊敬と理解を育むのに大いに役立つ。

一貫した明確なコミュニケーションを保つ
ディレクターが、営業部門にはあることを言い、開発部門には別のことを言う、ということはよくあることだ。C-レベルは会社の成功を望んでいるが、ビジネスの「親」のように見られ、チームが子供の真似をしていることもある。兄弟間の対立、「あの人が言った、あの人が言った」、社内のいざこざは、意思決定がなされ、コミュニケーションがぎこちなくなると、しばしば引き起こされる。全部門にわたってメッセージを明確にし、各部門に敬意をもって接するようにしよう(えこひいきは禁物だ!)。

要するに、経営幹部との効果的なコミュニケーションとは、単に効率的に情報を提示するだけでなく、あらゆる声が評価され、あらゆる課題が認められるような雰囲気をシニア・リーダーが醸成することなのだ。

tl;dv を使って部門間の調和を図る

多面的な企業エコシステムでは、部門間の明確で一貫性のあるコミュニケーションを確保することが最も重要になります。tl;dv 、単なるオンライン会議レコーダーとしてではなく、部門間のコラボレーション、理解、団結を促進する道標として立ちます。

オンラインミーティングの記録
部門間のミーティングは単なるディスカッションではなく、チームを結びつける接着剤です。tl;dvオンライン会議の録音機能により、会議は確実に記録されます。つまり、ブレーンストーミング、アラインメントコール、フィードバックセッションのすべてが記録されます。これにより、ミーティング後のレビューが可能になり、細部まで見逃すことなく、リアルタイムで参加できなかった人々にとっても貴重なリソースとなります。

AI-Powered Meetings & Transcription
多様な部門があれば、多様な視点が生まれる。例えば、マーケティングとプロダクトの1時間に及ぶディスカッションは、洞察の宝庫となり得ます。 tl;dv'sのAI機能は、このような会議を分析し、簡潔な要約に凝縮します。選択したプラットフォームがZoom であろうとGoogle Meet であろうと、これらのトランスクリプションは、コアメッセージ、アクションアイテム、各部門の洞察がすぐに利用できることを保証し、誤解や情報の取りこぼしを防ぎます。

Product Alignmentのためのユーザー・インタビュー・リポジトリ
商品開発とセールスの架け橋となるには、エンドユーザーに対する深い理解が必要な場合が多い。tl;dv 、ユーザーインタビューリポジトリを確立することで、リアルタイムの顧客フィードバックと洞察が共有リソースとなります。これにより、両部門、さらには組織全体が、顧客ニーズと共鳴する製品目標に向かって結束して前進することが保証される。


ある部門が新しいツールやプロセスを導入すると、その波及効果は組織全体に及びます。tl;dv は、このようなトレーニングやオンボーディングセッションの記録と共有を支援します。これにより、部門間で知識の一貫性が保たれるだけでなく、チームはセッションを再度開催することなく、参照したり、理解を新たにしたり、新しいメンバーをトレーニングしたりすることができます。

顧客の声を増幅する(中略)
顧客の声は、複数の部門にとって極めて重要な洞察をもたらす。tl;dvこのようなフィードバック・セッションを保存・共有する機能により、CSMから営業、製品からマーケティングまで、すべてのチームが顧客の感情を把握し、連携した戦略とソリューションを実現することができます。最終的には、顧客の声とチームの声を増幅させるのに最適です。

クロスファンクショナル・コラボレーション
魔法が本当に起こるのは、各部門が本当にコラボレートしたときです。tl;dv 、インサイトの共有を容易にすることで、これを支援します。クリエイティブチームからのデザインインサイトが販売戦略のヒントになるかもしれませんし、サポートからのフィードバックが技術ソリューションの原動力になるかもしれません。tl;dv を使えば、こうした部門横断的なひらめきに簡単にアクセスできるようになります。

一般的なコミュニケーション・プラットフォームとのシームレスな統合
部署によって、プラットフォームの好みは異なることが多い。Google Meet の機能を好む人もいれば、Zoom を選ぶ人もいる。tl;dvの多機能性により、プラットフォームに関係なく、すべての部門間ディスカッションが記録されるだけでなく、書き起こされるため、円滑なコミュニケーションの流れが保証される。

組織の結束のためにギャップを埋める

企業社会の複雑さは、対立と協調の両方の可能性をもたらす。このように、各部門はそれぞれ独自の強み、視点、固有の課題を誇っている。しかし、各部門を結びつける普遍的な真理は、会社の成功に向けたビジョンの共有である。このビジョンを実現するためには、調和、理解、相互尊重は譲れない。

tl;dv のようなツールの導入は、効果的なコミュニケーションの重要性に対する企業の認識が高まっていることを意味する。これらのツールは、単なる取引にとどまらず、あらゆる声を聞き、あらゆる見識を共有し、各部門の足並みを揃えることで、包括性の文化を促進する。この技術的進化は単なる効率化ではなく、一体化の精神を具現化するものであり、より相互接続された全体的な企業エコシステムへの道を開くものである。

ツールは重要な役割を果たすが、コラボレーションの本質はヒューマンタッチにある。各部門がそれぞれのサイロから一歩踏み出し、固定観念を捨て、心を開いて交流する必要がある。例えば営業チームは、財務チームの数字の裏に隠された奥深さを認識すべきだ。同様に、開発者はマーケティング・キャンペーンの背後にある創造性を評価すべきである。

垣根を取り払うことの本質は、役割や肩書き、部署のバッジの下に、情熱と献身、そして組織を前進させる揺るぎない原動力で脈打つ集団の鼓動があることに気づくことにある。この認識が行動に移ったとき、かつての「私たち対彼ら」の物語は、調和のとれた「私たち」へと変容する。

スキル、視点、目標が織り成すタペストリーの中で、色や質感に関係なく、すべての糸を大切にしよう。この複雑な織物の中にこそ、組織の真の強さがあるからだ。私たちが未来に一歩を踏み出すとき、すべての企業がこの団結の精神を支持し、成功への道程がすべての人にとって共有され、調和し、豊かな経験となることを保証しますように。

tl;dv販売
最も重要なことに時間を使いましょう。セールスインテリジェンスを発見し、チームがあなたのPlaybooks にどれだけ従っているかを追跡します。tl;dv は チームのお気に入りのツールで、すべてのミーティングから洞察を 得ることができる AI ミーティングアシスタント です。
録音と録画 (+30ヶ国語)
新しいMRを簡単に採用
MEDDIC、BANTなどの一般的なフレームワークに照らして会議を評価する。
独自のフレームワークを作る
会議メモをお気に入りのCRMに自動プッシュ
ミーティングをコントロールするためのスピーカーの洞察
  • あなたが参加しなくても、ミーティングには参加する。
  • 30ヶ国語以上の記録と転写。
  • 好みの構成でメモを取る。
  • 1回または複数の会議を要約する。
  • お気に入りのツール(Slack、Notion、CRMなど)を自動更新。
  • あなたの会議スタイルに関するコーチング的洞察を提供します。
次の会議に遅れそうですか?
代わりに tl;dvを送信してください!