ベスト・ミーティング・アシスタント・シリーズ:tldv vsOtter.ai

tl;dv vsOtter.ai - ミーティング・アシスタントを切り替える時?

デジタル時代、 デジタル時代には、週の⅓を会議に費やす人もいる。デジタル時代には、人々は1週間のうち最大で53%を会議に費やし、週の終わりには、あなたのノートはしばしば、ナビゲートするための言葉と行動の迷路のように感じることができます。そのため、完璧なAIミーティング・アシスタントを求めて、多くの人がこの分野の有力候補であるtl;dv vsOtter.aiを比較するようになった。

両プラットフォームは、チームがミーティングからインサイトを収集、整理、活用する方法を変革することを約束する。

ワークフローを合理化し、生産性を向上させるデジタルツールへの依存が高まる中、この2つのアシスタントのどちらを選ぶかは、単なる好みの問題ではなく、チーム独自のニーズに合ったものを見つけることが重要です。

この記事では、tl;dv とOtter を並べて比較し、その特徴、機能、総合的なユーザー満足度を検証する。書き起こしの精度や言語サポートから、セキュリティ対策や会話インテリジェンスに至るまで、手を抜かない。

各プラットフォームのさまざまな側面をナビゲートしながら、AIの支援によって最も恩恵を受けることができる会議の側面を考えてみましょう。多言語トランスクリプション機能なのか、分析的洞察の深さなのか、それとも現在のワークフローとの統合の容易さなのか。

この記事を読み終わる頃には、tl;dv とOtter のどちらのプラットフォームがあなたのニーズを満たし、チームの会議生産性を新たな高みへと引き上げる準備ができているのか、より明確なイメージを持つことができるだろう。この技術競争において、どちらのAIミーティング・アシスタントがトップランナーになるのか、その比較を見てみよう。

目次

いっしょくたにする

tl;dv Otter
トランスクリプション 20 🟢 16
レコーディング 16 🟢 9
カンバセーショナル・インテリジェンス 12 🟢 8
自動化と統合 12 🟢 5
メモ書き 11 11
セキュリティ 21 🟢 17
コーチング 8 🟢 0
管理者 8 🟢 2
組織 12 🟢 10
サポート 4 🟢 3
レベニュー・インテリジェンス 0 0
その他 6 🟢 2
合計 130 🟢 83
間の比較では、 tl;dv そして Otter, tl;dv より包括的な AI 会議アシスタントとして際立っており、特に SMB 営業チームに適しており、文字起こし、ビデオ録画、会話型インテリジェンス、コーチングなど、幅広い機能を備えています。 多言語サポート、セキュリティ、広範な組織機能に優れているため、会議の生産性を高め、コンテンツを効果的に管理するための堅牢なプラットフォームを求めるチームに最適です。Otter は、運用効率とシンプルさに重点を置いており、ビデオサポートを必要とせずに簡単なメモを取る機能を優先する人に適しています。 どちらのプラットフォームも、優れたメモ取り機能と、単一または複数の会議を照会するための AI の可用性を示していますが、 tl;dv 追加機能で後者を照らします。 全 tl;dvの幅広い機能と高いユーザー満足度により、包括的で用途の広い会議アシスタントを必要とするチームにとって好ましい選択肢となっています。

tl;dv vsOtter :ベストなAIノートメーカーを選ぶ際に考慮すべき12のポイント

順位は?

  • そのプラットフォームが明らかに勝者である場合、あるいは他のプラットフォームが同等に能力を満たした場合、2ポイントを与える。
  • 能力がある場合は1点を与えるが、勝敗には関係ない。
  • 能力がない場合は0点とする。

トランスクリプション機能

 tl;dv (20)Otter (16)
無制限のトランスクリプション🟢300m/月、30分/回に制限 🔴。
リアルタイムのトランスクリプション🔴🟢
多言語サポート🟢 +40英語のみ
対応方言🟢🔴
フィラーワード除去もうすぐ🔴。🟢
スピーカー認識🟢🟢
スピーカー名🟢🜎(新しいスピーカーの名前を自動でつけない)
アップロードされたビデオ/音声の書き起こし🟢無料プランでは3回のアップロードが可能。
トランスクリプトのエクスポート🟢🟢
トランスクリプトからのクリップ🟢🔴
カスタム語彙もうすぐ🔴。🟢
全文検索🟢🟢
編集転写🟢🟢

無制限トランスクリプション

tl;dv は、すべてのプランで無制限のトランスクリプションを提供し、使用上の制限なしに包括的なトランスクリプション機能を提供しています。一方、Otter では、1ヶ月あたり300分、1会話あたり30分に制限されているため、膨大なトランスクリプションを必要とするユーザーには制約があるかもしれない。

リアルタイムのトランスクリプション

Otter tl;dv 。リアルタイムの書き起こしサービスは提供しておらず、代わりに会議後の書き起こしの精度と機能に重点を置いている。

多言語サポート

tl;dv は、40 を超える言語のトランスクリプションをサポートしており、グローバルなユーザーベースに対応し、多様な言語ニーズに対応しています。Otterしかし、「SkyDesk.com」のトランスクリプションサービスは英語のみで提供されるため、英語を話さないユーザーや多言語環境での利用には限界があります。

スピーカー名

どちらのプラットフォームも発言者の名前を表示するが、tl;dv は自動的に発言者にラベルを付ける。一方、Otter は、今後の会話で発言者を特定するために、誰が誰なのか、ユーザーからの最初の入力を必要とする。

対応方言

方言認識は、tl;dv のユニークな機能であり、多様な方言やアクセントを話すユーザーに対して正確なトランスクリプションを保証します。この機能は、Otter では利用できないため、地域の方言を話すユーザーにとっては、正確性に欠けるトランスクリプションになる可能性があります。

アップロードされたビデオ/オーディオの文字起こし

tl;dv Otter 。この機能は提供されているが、無料プランでは3つのアップロードに制限されているため、録音済みコンテンツの文字起こしを頻繁に必要とするユーザーには制限となる可能性がある。

トランスクリプトからのクリップ

tl;dv Otter では、トランスクリプトからクリップを作成する機能がないため、重要な瞬間の共有やハイライトのオプションが制限されます。

でclip 。tl;dv
tl;dv Clip 記録からそのまま作成

録音機能

録音機能 tl;dv (16) Otter (9)
ビデオプラットフォーム🟢Zoom, MS Teams、Google Meet🟢Zoom, MS Teams、Google Meet
ストレージ🟢 無制限🟢 無制限
記録映像🟢🔴
同時開催🟢 無制限3つまで(ビジネスプラン)
ダウンロード・レコーディング🟢🔴
スライドをキャプチャする🟢🟢
アナリティクスを見る🟢🔴
統合カレンダー🔴🟢
録音編集🔴🔴
リール🟢🔴

記録映像

tl;dv は、ビデオを録画する機能を備えており、音声と視覚的要素の両方をキャプチャすることで、会議ドキュメンテーションの豊かさを向上させます。この機能は、視覚的な手がかりを重視するユーザーや、プレゼンテーションややり取りを詳細に確認する必要があるユーザーにとって非常に重要です。

Otter はビデオ録画機能を提供しておらず、代わりに音声の書き起こしに重点を置いているため、会議のビデオ記録を必要とするユーザーのニーズを十分に満たしていない可能性があります。

同時開催会議

tl;dv は、無制限の同時会議の録画に対応しているため、会議のスケジュールが重複している大規模な組織やチームのニーズに対応できます。この機能により、同時に発生する会議の数に関係なく、記録されない会議はありません。 

Otter一方、ビジネスプランでは、会議の同時録画は3件までと制限されており、大規模なチームや会議頻度の高い組織には十分ではないかもしれない。

ダウンロード

tl;dv では、録画のダウンロード機能は提供されていないため、ユーザーが会議コンテンツにアクセスしたり、共有したりする方法が制限される可能性があります。この機能は、ミーティングのアーカイブや外部への配信に特に便利です。Otter では、録音をダウンロードする機能がないため、ミーティング・コンテンツの共有や保存に関するユーザーの選択肢が制限される可能性があります。

ビューイング・アナリティクス

tl;dv は、録画の視聴分析を提供し、録画にアクセスする頻度や対象者についての洞察をユーザーに提供します。この機能は、エンゲージメントや会議の効果を理解するのに役立ちます。 

Otter このため、ユーザーは録画した会議の到達範囲や影響に関する貴重なデータを得ることができません。

統合カレンダー

Otter 統合されたカレンダーを備えており、どの会議を記録すべきかをプラットフォーム内で直接スケジューリングし、管理することができます。 

これは、tl;dv と対照的である。 は、統合カレンダーを提供していないため、ユーザーは、会議を記録するかしないかの希望に応じて、各会議の前に手動でアカウント設定を調整する必要がある可能性がある。

リール

tl;dv では、会議の録画からリールを作成できるため、ユーザーはハイライトや重要な部分を簡潔で共有しやすい形式にまとめることができます。この機能は、会議を要約したり、重要なポイントに焦点を絞ったりする際に非常に便利です。Otter 、リールを作成するための同様の機能は提供されていないため、ユーザーが魅力的な形式で会議のハイライトを共有する能力は制限されています。

otter 会議メモ概要
Otter は純粋に音声からテキストへの書き起こしに特化している

会話インテリジェンス機能

tl;dv (12) Otter (8)
シングルミーティングAIインサイトフリープランで10ドルフリープランの場合、20回/月、3回/月
マルチミーティングAIインサイトフリープランで10ドルフリープランの場合、20回/月、3回/月
キーワード追跡🟢🔴
センチメント分析いいえ、EUのAI法に従います。🔴
キートピックの検出🟢🟢
音声分析🟢🔴
アクションアイテムの検出🟢🟢
質問検出🟢🔴

シングルミーティングAIインサイト

tl;dv Otter 、AIインサイトのより広範なサポートを提供し、無料プランでは1ミーティングあたり3インサイトを上限として月20インサイトを提供し、ミーティングから情報を抽出したいユーザーにより多くのインサイトを提供する。

マルチミーティングAIインサイト

同様に、Multi Meeting AI Insightsについては、tl;dv 、Freeプランではインサイトを10個に制限しており、ユーザーは複数のミーティングから時系列で傾向を分析し、インサイトを収集することができる。Otter 、Freeプランでもミーティングごとにインサイトを3個に制限し、月間20個のインサイトでこの機能を拡張しており、ミーティング間でより広範な分析を可能にしている。

マルチミーティング・インサイトのスクリーンショット
tl;dv AIジェネレーターでは、プロンプトを表示する会議を選択することができる。
Otter AIチャットのスクリーンショット
Otter AIチャットはGPTチャットボットと同様に機能する

キーワード追跡

tl;dv Otter 。キーワードトラッキングは提供されていないため、特定のディスカッションポイントやテーマをミーティング全体でトラッキングする必要があるユーザーにとっては、このプラットフォームの有用性が制限される可能性がある。

音声分析

tl;dv では、発話パターン、発話時間、その他会議中の発声の特徴を詳細に分析することができます。この機能により、参加者のエンゲージメントとダイナミクスの理解が深まります。Otter には音声分析機能がないため、会議の音声面に関するより深い洞察を提供できない可能性があります。

tl;dvスピーカー分析のスクリーンショット
tl;dvスピーカーの洞察

質問検出

tl;dv は質問検出機能をサポートしており、会議中に出された質問を自動的に識別し、強調表示することができます。この機能により、会議のサマリーやフォローアップで重要な質問が見落とされることがなくなります。 

Otter は質問検出機能を備えていないため、ディスカッション中に提起された重要な質問を素早く特定し、対処するユーザーの能力に影響を与える可能性がある。

オートメーション能力

オートメーション能力 tl;dv (12) Otter (5)
CRM インテグレーションプロプランの🟢。エンタープライズ・プランの 🜎 である。
電子メール統合🟢🔴
Zapierインテグレーションプロプランの🟢。🔴
会議後のサマリー・メール🟢🟢
AIレポートのスケジュール🟢🔴
Slackとの連携🟢🟢
tl;dv 統合
tl;dv5000以上のツールと一般的なワークフローを備えた統合ハブ
Otter インテグレーション・ページ
Otter アプリ(統合)ページ

CRM インテグレーション

tl;dv プロプランでは CRMとの統合を提供しており、ミーティングインサイトと顧客関係管理システム間のシームレスなデータフローを可能にし、営業とカスタマーサポートのプロセスを強化している。 

Otter CRMとの統合も可能だが、これはEnterpriseプランのユーザーに限定されているため、小規模なチームや最上位プラン以外の組織ではアクセスが制限される可能性がある。

電子メール統合

tl;dv では、電子メールとの統合が可能で、会議のサマリーやアクションアイテムをユーザーの受信トレイに直接自動送信し、コミュニケーションとフォローアップの効率を高めます。 

Otter は電子メールとの統合を提供していないため、情報発信を自動化するプラットフォームとしての機能が制限され、会議の成果を共有するために手作業が必要になる可能性がある。

Zapierインテグレーション

tl;dv 、Proプランでアクセス可能なZapier統合により、ユーザーは5,000以上のウェブサービスとミーティングインサイトを接続することができ、自動化とワークフローのカスタマイズの可能性が大幅に広がります。 

Otter Zapierの統合機能がないため、ユーザーがワークフローを自動化したり、会議データを使用している他のツールやサービスと接続したりする機能が制限されています。

AIレポートのスケジュール

tl;dv は、AIが生成するレポートのスケジュールを設定し、指定された間隔でインサイトやサマリーの配信を自動化することができる。 

Otter は、AIレポートをスケジュールする機能を提供していないため、定期的な自動化された会議への洞察を必要とするチームの効率に影響を与える可能性があります。

TLDVリカーリングAIのレポート
tl;dvの定期AIレポートでは、スマート・ミーティング・フィルターに任意のAIレポートをスケジュールすることができます。

メモ機能

ノートテイク機能tl;dv (11)Otter (11)
AIノート🟢🟢
通話中の手動メモアプリが必要🟢
メモにタグを付ける🟢🟢
タスクを割り当てる🔴🔴
AIタグ / ブックマーク🟢企業における🜎。
カスタムAIプロンプト/チャット🟢🟢
コメント🟠チャンネル 🟢 を持つ

タスクの割り当て

tl;dv は包括的なノート作成機能を提供しているが、現在のところ、ノートやAIインサイトから直接タスクを割り当てる機能は含まれていない。これは、会議プラットフォーム内で直接ワークフローを合理化したいチームにとっては制限となるかもしれない。メモに同僚をタグ付けすることはできるが、行動項目を割り当てることはできない。

Otterその一方で、アクション・アイテムを割り当てる機能はあるのだが、それを使って何かをする方法を見つけることはできなかった。

AIタグ / ブックマーク

tl;dv AIタグ/ブックマークをすべてのプランで提供しており、ユーザーはAIを使って好きなトピックに関するミーティングノートを作成できる。 

Otter 似たような機能(Sales Insights)を提供しているが、この機能はEnterpriseプランに限定されているため、このプランに加入していないユーザーのアクセスが制限される可能性があり、すべてのユーザーが会議コンテンツを簡単に整理してナビゲートできるように影響する。

コメント

tl;dv 、いくつかの制限付きでコメントが可能である。完全な機能を発揮するためには、特定の条件や追加ステップが必要になる可能性がある。 

Otter また、チャンネル機能により、ユーザーがミーティングノートやコンテンツについて議論したり、コラボレーションしたりするための、よりわかりやすいアプローチを提供し、チームコラボレーションやフィードバックのためのプラットフォームの有用性を高めます。

Otter コラボレーション・チャンネル

セキュリティ機能

セキュリティ能力 tl;dv (21) Otter (17)
データ保持無料プランで6ヶ月間 すべての有料プランで無制限🜎 エンタープライズプランでカスタマイズ可能
SOC2準拠🔴 (認証取得中)はい 🟢 はい
SAMLベースのSSOエンタープライズ版のみエンタープライズ版のみ
GDPR対応🟢🟢
EUのAI法に準拠🟢🟢
AIを訓練するためにあなたのデータを使う🟢 (いいえ、あなたのデータは非公開です)🟢 (いいえ、あなたのデータは非公開です)
プライベート・ストレージエンタープライズ版のみ🔴
匿名化された機密データがLLMに送られる🟢🟢
ミーティング・データのチャンキングとランダム化🟢🔴
LLMプロバイダーとのBAA🟢🟢
ベンダーとの0日データ保持ポリシー🟢🟢

データ保持

tl;dv は明確なデータ保持ポリシーを提供しており、無料プランのユーザーには6ヶ月間、すべての有料プランには無制限のデータ保持期間を設け、ユーザーのニーズに応じた透明性と柔軟性を提供している。 

Otterのデータ保持は、Enterpriseプランではカスタマイズが可能で、大規模な組織向けにカスタマイズされたソリューションを提供しているが、Enterprise以外のユーザーが利用できるオプションについては明確になっていない。

SOC2準拠

tl;dv は現在、SOC2に準拠するための認証プロセスを受けており、高いセキュリティ基準を達成するためのコミットメントを強調している。 

Otter はすでにSOC2に準拠しており、厳格なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス基準の遵守をユーザーに保証し、さらなる信頼と信用を提供している。

プライベート・ストレージ

tl;dv プライベート・ストレージのオプションは、エンタープライズ・プランのユーザーに対してのみ提供され、大企業向けのデータ・セキュリティとコントロールを強化している。 

Otter これは、特定のデータ主権やセキュリティ要件を持つユーザーにとっては考慮すべき点かもしれない。

ミーティング・データのチャンキングとランダム化

tl;dv これは、AIが処理したデータから完全な会話を再構築するリスクを低減することによってセキュリティを強化するものである。Otter 、同様の慣行を採用しているかどうかについての情報は提供しておらず、提供されるデータ保護のレベルに影響を与える可能性がある。

コーチング能力

 tl;dv (8)Otter (0)
Playbooks スコアカード🟢🔴
カスタムPlaybooks🟢🔴
テンプレートPlaybooks🟢🔴
異議申し立てへの対応🟢🔴

Playbooks スコアカード

tl;dv Playbooks スコアカードは、あらかじめ定義された基準や目標に基づき、チームのパフォーマンスを評価し、向上させることができます。 

この機能は、チーム内の継続的な改善と戦略的な調整をサポートする。Otter は、Playbooks スコアカードを提供しないため、チームの戦略と成果を体系的に評価し、強化したい組織にとっては機能が制限される。

TLDVコーチング・ハブ
tl;dv コーチング・ハブ

カスタムPlaybooks

カスタムPlaybooks ontl;dv 、チーム独自の課題や目標に対応したオーダーメイドの戦略を作成することができ、コーチングの取り組みの妥当性と効果を高めることができます。 

Otter にはカスタムPlaybooks がないため、ユーザーは、コーチングと能力開発のイニシアチブを、それぞれの業務状況やニーズに合わせて調整する機会がないかもしれない。

テンプレートPlaybooks

tl;dv TemplatePlaybooks は、様々なコーチングのニーズに適応できる既製のフレームワークのセレクションをユーザーに提供する。これらは、BANTやSPINplaybooks から、カスタマーサクセス・ビジネスレビューやマネジメント・パフォーマンス・レビューに至るまで、幅広く利用できる。

この機能は、構造化されたコーチング戦略の実施を簡素化し、チームに貴重なガイダンスを提供します。OtterテンプレートPlaybooks の欠如は、大規模なカスタマイズを必要とせず、効果的なコーチングフレームワークを迅速に展開するユーザーの能力に影響を与える可能性があります。

異議申し立てへの対応

tl;dv における異議申し立てへの対応では、営業やカスタマーサービスに不可欠な、顧客の潜在的な懸念に効果的に対処するための戦略とテクニックを学ぶことができる。 

tl;dv は、異議処理に焦点を当てることで、コミュニケーション・スキルと営業成果を向上させるためのプラットフォームの価値を高めている。Otter'sのプラットフォームは異議処理機能を提供していないため、営業トレーニングや顧客との対話改善のためのツールとしての有効性が制限される可能性がある。

TLDVコーチング・ハブ
tl;dv コーチング・ハブ

管理者機能

管理能力 tl;dv (8) Otter (2)
チームメンバーのカレンダーにすべての会議の自動記録を適用する。🟢エンタープライズのみ
チームメンバーが記録した会議の自動共有を適用する🟢🔴
削除を防ぐ🟢🔴
すべての録画の管理者権限🟢エンタープライズのみ
tl;dv 管理者設定
tl;dv 管理者設定

チームメンバーのカレンダーにすべての会議の自動記録を適用する

tl;dv 管理者は、チームメンバーのカレンダーにスケジュールされたすべてのミーティングを自動的に記録することができ、手動で設定することなく、ディスカッションの包括的な文書化を保証します。この機能は、tl;dv の全ユーザーが利用でき、あらゆる規模のチームにとって使い勝手の良いプラットフォームとなっています。 

Otter 自動録音機能も提供されているが、この機能はEnterpriseプランのユーザーに限定されているため、小規模なチームや最高レベルのサブスクリプションを利用していない組織での利用は制限される可能性がある。

チームメンバーが記録した会議の自動共有を適用する

tl;dv を使用すると、管理者は、チームメンバーが作成した録音を自動的に共有するオプションがあるため、配信プロセスが合理化され、主要な利害関係者が会議の内容にすぐにアクセスできるようになります。 

Otter は、チームメンバーが記録した会議の自動共有機能を備えていないため、手動での共有作業が必要となり、チーム内の情報発信の効率に影響を与える可能性があります。

削除を防ぐ

tl;dv 管理者は、会議録の削除を防止する機能を使用することで、重要な会議コンテンツを偶発的または意図的な削除から保護することができます。この機能は、組織の知識の完全かつ安全なアーカイブを維持するために非常に重要です。 

Otter には削除を防止する同様の機能がないため、記録された会議内容の永続性と安全性に懸念が生じる。

すべての録画に対する管理者の権利

tl;dv の管理者は、すべての会議録画に対する包括的な権限を持つため、会議コンテンツの一元管理と制御が可能です。これにより、管理者ユーザーは、プラットフォーム全体のアクセス、配信、コンプライアンスを監督することができます。 

Otter 録画の管理者権限も提供されているが、これもEnterpriseプランのユーザーに限定されており、より広範な管理機能は一部のユーザーグループに制限されている。

組織能力

組織能力 tl;dv (12) Otter (10)
チーム・ワークスペース🟢🟢
ミーティングライブラリー🟢🟢
スマートフィルター🟢🔴
グローバル検索🟢🟢
ミーティング内検索🟢🟢
フォルダ🟢🟢

スマートフィルター

tl;dv は、スマートフィルターによってユーザーエクスペリエンスを向上させ、さまざまな条件に基づいてミーティングを効率的に並べ替えたり、アクセスしたりできるようになりました。この機能により、プラットフォームの整理機能が大幅に向上し、ユーザーは関連するコンテンツを迅速に見つけることが容易になります。 

Otterスマートフィルターがない場合、会議コンテンツをナビゲートする際に同レベルの利便性と効率性を提供できない可能性があり、特定のディスカッションやハイライトを探す際のユーザーの生産性に影響を与える可能性があります。

tl;dv スマートフィルター
tl;dv ミーティングライブラリー、スマートフィルター、AIジェネレーター

サポート能力

サポート tl;dv (4) Otter (3)
フリープランでのサポート🟢 チャットとEメール無料プランの Ἆ Eメール
優先サポートプロプランの🟢。🟢 ビジネスのみ

フリープランでのサポート

tl;dv 無料プランのユーザーには、チャットと電子メールの両方による包括的なサポートを提供しており、サブスクリプションのレベルに関係なく、すべてのユーザーがタイムリーなサポートを利用できるようになっています。 

このデュアル・チャネル・サポート・アプローチにより、問題の迅速な解決が促進され、ユーザー・エクスペリエンス全体が向上します。 

Otter 無料プランのユーザーにはEメールによるサポートを提供しており、アクセスは可能だが、チャットサポートのような即座の応答や対話はできないかもしれない。

優先サポート

tl;dv とOtter の両方が優先サポートを提供しているが、この強化されたサービスレベルへのアクセスは、それぞれのプランで段階的に異なっている。tl;dv では、Pro プランから優先サポートが含まれ、有料ユーザーにより迅速で直接的なサポートを提供している。 

同様に、Otter は優先サポートを提供しているが、これはビジネスプランのユーザーに限定されている。この優先順位は、各プラットフォームのサービス提供戦略を反映したものであるが、より高いレベルの加入者が迅速なサービスを受けられるようにするものである。

収益インテリジェンス機能

 tl;dv (0)Otter (0)
予測🔴🔴
取引実行🔴🔴

tl;dv 、Otter の両プラットフォームは、予測や取引実行に関する機能を備えていない。

これは、営業予測や案件管理といった専門的な営業プロセスを直接サポートすることよりも、会議の生産性、組織化、コラボレーションを強化することに主眼を置いていることを示している。

販売予測や取引実行機能を統合したツールを求めているユーザーにとっては、これらの分野に特化した他のプラットフォームを探すか、販売に特化した他のソフトウェアとの統合を検討する必要があるかもしれない。

しかし、これらのツールの価格は1ユーザーあたり1000ドル台であることが多いため、コストが問題になるかもしれない。 

営業スキルの向上により関心があるのであれば、tl;dv 、かなりすっきりとした革新的なコーチング・ソリューションがすでに提供されている。

誰のため?

tl;dv (6) Otter (2)
G2格付け🟢 4.8🔴 4.2
セットアップの容易さ🟢 ゆとりの無料プラン + クリーンなUI簡単 🟢 簡単
ローカライズされたプラットフォーム🋢 (7ヶ国語)いいえ
こんな人に最適SMBセールスオペレーション

tl;dv とFathom はどちらも同じような読者層を対象としているが、tl;dv はコーチングを提供することで、マネジャー、特にセールス・マネジャーに特別な価値を提供することができる。

Fathom は、純粋に無料の会議用レコーダーを探している観客の好意を受けているようだ。

tl;dv が勝っていると思われるのは、セットアップの簡単さだ。どちらも優れた無料プランとプレミアム機能のトライアルを提供している。

しかし、Fathomのセットアップは、価格情報が散らばっていたり、UIレイアウトがすっきりしていなかったりと、ちょっとあちこちにあるように感じた。

7ヶ国語にローカライズされていることも、英語圏以外の視聴者にとっては勝者の選択となる。

結論:tl;dv vsOtter - あなたにとってどちらがベストか?

tl;dv Otter
トランスクリプション 20 🟢 16
レコーディング 16 🟢 9
カンバセーショナル・インテリジェンス 12 🟢 8
自動化と統合 12 🟢 5
メモ書き 11 11
セキュリティ 21 🟢 17
コーチング 8 🟢 0
管理者 8 🟢 2
組織 12 🟢 10
サポート 4 🟢 3
レベニュー・インテリジェンス 0 0
その他 6 🟢 2
合計 130 🟢 83
次の間の包括的な比較を考えると、 tl;dv そして Otter、AI会議アシスタントを探している読者へのアドバイスは、特定のニーズと優先順位を特定することにかかっています。 tl;dv 幅広い機能を備えた堅牢なプラットフォームとして登場そのため、文字起こし、録音、会話インテリジェンス、コーチング機能など、広範なサポートを必要とする中小企業の営業チームに特に適しています。 その際立った特徴には、40以上の言語のサポート、無制限のトランスクリプション、高度なセキュリティ対策、重要な管理・組織機能などがあり、これらすべてが総合スコア130という高得点に貢献している。 tl;dvユーザー満足度とデータプライバシーに対する取り組みは、特に包括性と包括的な会議管理を優先するチームにとって、その魅力をさらに高めます。Otterは、83ポイントと全体的に低いスコアですが、メモを取る能力に同程度の強さを示しており、オペレーションとリアルタイムを優先するオペレーションに重点を置いたユーティリティを示しています 音声テキスト変換 英語を話す文脈の中で、ビデオ録画を必要としない文字起こし。そのセットアップの容易さとわかりやすい機能は、会議の生産性を向上させるための、よりシンプルで運用に重点を置いたツールを探しているユーザーにアピールする可能性があります。  営業プロセスを重視するチームや組織にとって 多言語サポートを必要とし、会議の成果を高めるための幅広い機能を備えたプラットフォームを求めています。 tl;dv がお勧めの選択です。 その多様な機能は、会議の文字起こしや整理だけでなく、チームのパフォーマンスを向上させるために設計された、より深い分析的洞察とコーチングツールもサポートします。 一方 主なニーズが英語でのリアルタイムの文字起こしである場合 簡単で効果的なメモ取りソリューションを備えた会議、 Otter 実行可能なオプションを提示します特に運用効率を重視するユーザー向けです。 最終的には、多言語サポートの必要性、包括的な会議分析の重要性、既存のワークフローやツールとの統合の好みなど、チームまたは組織の特定の要件に基づいて決定する必要があります。 どちらのプラットフォームにも大きな利点がありますが、 tl;dvの幅広い機能セットと高いユーザー満足度評価により、AIアシスタントを使用して会議の効率と生産性を最大化しようとしているチームにとって、より用途が広く包括的なツールとして位置付けられています。
tl;dv販売
Spend your time where it matters most. Uncover Sales intelligence and track how well your team follows your Playbooks. tl;dv is an AI Meeting Assistant that helps you (finally) get insights from all your meetings, right in your team's favorite tools.
Recordings & Transcripts (+30 languages)
Onboard new reps with ease
Evaluate your meetings against popular frameworks like MEDDIC, BANT and more
Create your own framework
Automatically push your meeting notes to your favourite CRM
Speaker insights to help you keep control of your meetings

tl;dv ブログ

ブログを購読する

会議、営業、Customer Success 、生産性、職場文化に関する最新のヒントやニュースをお届けします。