最高のUXリサーチリポジトリツールは、あなたのチームの全員に利益をもたらすでしょう。

2024年のベストUXリサーチリポジトリツール&ソフトウェア7選

UXリサーチャーであれば、UXリサーチリポジトリツールが必要不可欠である理由をご存知でしょう。それがなければ、データの整理は悪夢となり、ユーザーの洞察は空虚に失われ、行動に移されることはありません。

最適なリサーチリポジトリソフトウェアを使えば、リサーチやデータを将来のために保存することができ、また、幅広い資料を必要な人やレビューしたい人が簡単にアクセスできるようになります。UXリポジトリは、ユーザーの行動、ペルソナ、ニーズ、ペインポイント、嗜好、フィードバックに関連するあらゆるもののための唯一の真実のソースとして機能する必要があります。

よく文書化され、共有可能な洞察=ユーザー・リサーチャーのフラストレーションを軽減する!

@tldv.ioWe love constructive criticsm#productmanager #product #tech #productmanagement #corporatehumor #startup ♬ original sound - tldv.io - Meeting Recorder

なぜ、特定のUXリサーチリポジトリツールが必要なのか?

一般的に言って、ビジネスで誰もが使えるシンプルなプラットフォームを使うのは良いアイデア です Notionのようなツールを使えば、複雑なプラットフォームの操作を覚えることなく、すべての関係者がユーザーリサーチをレビューできる。

UXリポジトリをシンプルに保つことで、あなたが最初に気づくよりも多くのお金、時間、ストレスを節約できるかもしれません。

従業員数50人未満の企業では、平均40のSaaSアプリケーションを導入しているが、従業員数1000人以上の大企業では、200以上のツールやアプリケーションを導入している。これは、従業員1人当たり平均3570ドルをSaaS(Software as a Service)に費やしていることになる!

最適なリサーチ・リポジトリ・ツールを選ぶには、主にどのような目的で使用するかをあらかじめ知っておく必要があります。これは通常、2つの一般的な選択肢に集約されます。


  1. 研究の透明性を確保し、関係者や他の同僚と共有することが目的であれば、Notion、Miro、Confluenceなど、すでに社内で広く使われているツールを使うのがよいでしょう。
    この場合、Dovetail や Condens のような、より複雑な研究専用のリポジトリはおそらく向いていません。 
  2. より深く分析する
    リサーチリポジトリの目的がデータの深層を掘り下げることであり、少人数の研究チームによってのみ使用されるのであれば、Notionのような広く普及しているツールの制限は、研究の妨げになりすぎます。代わりに、
    Dovetail や Condens のような、より専門的なユーザーリサーチツールを採用することをお勧めします。
研究用リポジトリソフトウェアは誰もが恩恵を受ける - NNGroup

出典NNGグループ

ケーキの上の補完的なアイシング

非常に広い範囲を調査する場合でも、細かいディテールを把握するために顕微鏡が必要なほど狭い範囲を調査する場合でも、tl;dv はあなたの強い味方です。remote UXリサーチツールは、あなたの仕事を楽にしてくれます。 

お客様の声をもう一度聞きたいと思ったことはありませんか?また、ほとんどのオンライン会議プラットフォームでは、録画を見ることができるまで数日かかることは言うまでもありません。tl;dv を使えば、すべてのミーティングを録画し、すぐにトランスクリプトを取得し、さらにタイムスタンプを付けてビデオをカットし、ユーザーインタビューの重要な部分へのハイパーリンクを直接残すことができます。

tl;dvの直感的なAIは、各通話の最後に自動要約を提供し、高精度の話者認識を得ることができ、ユーザー調査の結果を共有するのに最適な、さまざまなクリップからハイライトリールを作成することもできます。また、以下のアプリを含む5,000以上のさまざまな仕事用アプリと統合できます。

どのリサーチリポジトリソフトウェアを使用しても、 tl;dv で補完することができ、偏りのない洞察の断片に即座にリンクすることができます。

では、なぜリサーチリポジトリが必要なのか、そしてどのツールを使って充実させればいいのかがわかったところで、本題に入りましょうか。ここでは、ユーザーリサーチに最適な7つのUXリサーチリポジトリツールを紹介します。

7 2024年以降のUXリサーチリポジトリツール

1.Dovetail

Dovetailのホームページで、UXリサーチのリポジトリツールとして1位に選ばれています。

先に簡単に触れておきます。 Dovetailは、プロレベルの調査レポートを数分で作成できるデータ分析型リサーチツールです。

長所

  • ユーザーリサーチ専用のスペースが必要な大規模なユーザーリサーチチームでのディープリサーチに最適です。
  • すべての資料を一箇所に保存し、優れたビジュアライゼーションとジャーニーマップを実現
  • Dovetailの強力なインサイトリポジトリでリサーチパターンを発見する。
  • データのエクスポートが容易
  • 録音、ファイル、メモ、写真、レポートなど、あらゆるものを無制限に保存可能
  • プロフェッショナルな調査報告書を瞬時に作成
  • 複数ユーザーによる共同作業や柔軟なアノテーションツールの活用

短所

  • 学習が複雑なので、ユーザーリサーチ以外の関係者を説得するのには向いていない
  • 会議は外部レコーダーからダウンロードし、手作業でDovetail にアップロードする必要があり、貴重な時間を費やしています(tl;dv は会議終了後すぐに録画と記録が利用でき、コピー&ペーストで簡単にアップロードできます)。
  • トランスクリプトが生成されるのを待つ必要があり、スピーカータグやハイライトはありません(tl;dvのスピーカータグは自動的に追加され、ハイライトは超簡単に作成できます)。
  • アップロードできるファイルの種類に制限があります:オーディオ、ビデオ、画像はアップロードできますが、すべての種類の研究をカバーできない場合があります。
  • 価格:商用ソフトウェアであるため、Dovetail は誰にとっても手頃な価格ではないかもしれません。tl;dv一方、『Skype』は、 Dovetailの欠点のほとんどを無料で修正します...。

価格について

Dovetail 以前は "永久 "無料プランがあったが、現在はなくなった。その代わり、有料プランの無料トライアルを受けることができる。これはソフトウェアに慣れるのに役立つが、もっと使うには有料プランにアップグレードする必要がある。スタータープランは月額30ドルから、チームプランは月額375ドルから。一方、ビジネスプランの場合は、月額1,800ドル、年額21,600ドルという途方もない金額になる。

概要

Harvard、Deliveroo、ShopifyはすべてDovetail を使用している。これらの顧客名の重みがそれを物語っているはずだ。一般的に、Dovetail は、学術機関や政府機関、製品、サービス、デザイン、研究機関などで使用されている。

オンラインユーザビリティテストを実施することができ、思考、洞察、専門知識をシームレスに共有することができます。Dovetail を使って、競合他社に差をつけることができます。ユーザーのパターンを理解し、決定的な行動を取ることができるようになります。

Dovetail は、特定の研究リポジトリであることと、学びやすく使いやすいことの間の絶妙なブレンドです。UXリサーチ専用のリポジトリソフトを使いたいが、急な学習はしたくないという方には、Dovetail がおすすめです。 

とはいえ、Dovetail は万人向けではありません。Dovetail はユーザーリサーチの専門家向けに特化しているため、UXの専門家でない人がこのプラットフォームを採用するのは本当に難しいでしょう。この直感的でないソフトウェアの操作方法を学ぶために時間を割くことを厭わない関係者でなければ、すべての調査から有用な洞察を得ることはできないでしょう。それでは、せっかくのリサーチも意味がありません。ユーザーインサイトは、製品開発、マーケティング、ビジネス戦略全体に反映させることで、最も大きな効果を発揮します。Dovetail 、組織全体がアクセスできるわけではないので、このリポジトリに保存されたインサイトはサイロ化したままとなる可能性が高い。

さらに、Dovetail を要約するには、あなたの時間を奪う秘密のブラックホールに触れないわけにはいかない:ユーザーインタビューを手動でアップロード しなければならないのだ。その上、自動テープ起こしには時間がかかり、スピーカーのタグやハイライトのオプションもついていない。さて、実際には3つのブラックホールでした。これらのことが大きな遅れの原因になることは言うまでもないが、インタビューのたびに下らない作業をするのは一般的にイライラするものだ。tl;dv一方、Skypeは、 Google Meet 、Zoom 、MS Teamsにスムーズに統合し 、録音を他のプラットフォームやリポジトリにスムーズに統合します。即座にです。しかも無料だ!

2.tl;dv

tl;dvは、それ自体は研究レポジトリツールではないかもしれないが、どのツールを使っても10倍簡単になる。というのも、tl;dv は、Google Meet 、Zoom 、MS Teams と統合し、ライブミーティング中の重要な瞬間を記録、書き起こし、ハイライトすることができるからです。会議の瞬間に即座にアクセスできるため、重要な瞬間を即座にキャプチャし、クラスタ化することができます。

例えば、NotionやMiroで行ったユーザーインタビューから得られた貴重なインサイトをすべて保存したいとしますよね?あるいは、Dovetail ? tl;dv のタイムスタンプはハイパーリンクとして表示されるので、コピーしてリサーチリポジトリに直接貼り付けることができます。後でリサーチデータを分析するときに、そのリンクをクリックすれば、ユーザーが製品を改良するのに役立つ言葉を発した正確な瞬間を見ることができるのです。

ユーザーリサーチャーとしてバイアスを避けるのに役立つだけでなく 重要で実用的な洞察を利害関係者や主要な意思決定者と簡単に共有することができます。結局のところ、ユーザーリサーチのポイントは、ユーザーに利益をもたらし、ひいてはビジネスにも利益をもたらすような変化を製品やサービスに導入することなのです。そうでしょう?そのため、ステークホルダーがCondensリポジトリやDovetail に保存されたリサーチにアクセスできない場合でも、tl;dv を介して、手間や大騒ぎをすることなく、ユーザーインタビューに直接アクセスすることができます。顧客に話をさせる。

tl;dv 長所

  • 無料のAI統合:tl;dv は、要約、メモ、話者の自動検出を提供するために、最高級のAIを利用しています。
  • 無料でインスタント翻訳:Zoom 、MS Teams、Google Meet 。
  • 信じられないほどの無料プラン:Zoom 、MS Teams、Google Meet の通話を無制限で無料録音。
  • 使いやすさ:tl;dv は直感的なデザインで、使い方は至ってシンプル。
  • タイムスタンプとタグ機能:会議のハイライトにタイムスタンプを付けて、通話中の特定の瞬間にすばやくジャンプできます。また、特定の会議の瞬間に同僚をタグ付けして、受信トレイに直接リンク付きのメールを受け取る機能もあります。
  • お気に入りのワークアプリと統合:Notion、Slack、HubSpot、Salesforceなどにタイムスタンプや会議クリップを直接プッシュできます。
  • クリップとハイライトを作成:ライブラリをスキャンしてクリップやハイライトリールを作成し、洞察を凝縮。
  • 直感的なライブラリ:トランスクリプト内のキーワードでミーティング・ライブラリを検索し、探しているものを素早く見つけることができます。

tl;dv 短所

  • 互換性:WebExまたはBlueJeansではまだ利用できません。
  • 超特殊: ライブ・ユーザー・リサーチ以外のリサーチには適さない。

価格について

ほとんどの有料プランに勝る無料プランで、tl;dv は今すぐ試せます。より高度な機能をお求めの場合は、有料プランもありますので、こちらをご覧ください。

フリープランの特徴
  • 無制限で録音が可能
  • Google Meet,Zoom, MS Teamsの通話を録音する
  • すべての通話内容を書き起こす
  • 25以上の言語で書き起こせる
  • AIサマリー&ノート
  • タイムスタンプとハイライトの設定
  • クリップの作成と共有
  • 録音オートメーションの設定

有料プランでは、重要な統合機能、分析機能、ダウンロード可能な録音、カスタマイズ可能な共有設定、優先的な顧客サポートが提供されます。

概要

研究用レポジトリにどのソフトウェアを利用するかにかかわらず、tl;dv はそれらを強化します。tl;dv は、大量のマルチファイルタイプのデータを整理するためのものではないので、単独で使用することはお勧めしません。しかし、あなたのビジネスに適したリサーチリポジトリツールを補完すれば、tl;dv はあなたのリサーチに奇跡を起こし、分析にかかる時間を短縮し、ユーザーの洞察を簡単に決定的なアクションに変えることができます。

3.コンデンサ

コンデンスは、あなたのビジネスに最適なユーザーリサーチレポジトリツールです。

上記のヒーローページからわかるように、Condensは「あなたのUXリサーチ分析をスーパーチャージする」ためにここにあります。もしこれで何をするものなのかが分からないのであれば、何も言うことはありません。しかし、どのように機能するのでしょうか?そして、なぜ競合製品よりも優れているのでしょうか?

そもそも、リサーチセッションの解析はワンクリックで行えます。コーディングは一切不要なので、後ろにいる非技術者でも非常に簡単に使うことができます。 

UXデザイナー、研究者、コンサルタントは、この強力なツールを利用する可能性が高い。もちろん、それを使う余裕があればの話ですが。

長所

  • 自動転写
  • ビデオクリップとハイライトリール
  • アフィニティークラスターによる証拠の整理
  • クライアントや関係者と作品を一箇所で共有し、簡単にコラボレーションが可能
  • リモートでユーザー調査を実施し、より多くの、より多様な参加者にリーチすることができます。
  • より深いインサイトを発見するための高度な分析・レポート機能

短所

  • カスタマイズは制限されます 
  • このツールは、必ずしもすべての種類の研究プロジェクトに適しているわけではありません
  • UXリサーチツールの中では高価な部類に入りますが

価格について

tl;dv と違い、Condensには無料プランがない。しかし、15日間の無料トライアルがある。これは、ツールで遊んで、それがあなたにとって正しいものであるかどうかを学ぶのに十分な時間ですが、その後はコミットするか、何もしないかです。

最も安いプランは個人向けプランで、現在1人限定で月額15ユーロ。

個別プランの特徴
  • ある研究者
  • 月12時間の自動テープ起こし
  • 分析機能
  • 基本的な統合
  • 無制限プロジェクト
  • 読み取り専用モードで調査結果を無制限に共有可能
  • パーソナルサポートとオンボーディング

次のステップの価格設定はほとんどステップではない。エレベーターが必要かもしれない。15ユーロから170ユーロに跳ね上がり、研究者数が3人に増え、いくつかの追加機能がアンロックされる。詳しくはCondensの価格をご覧ください。

ビジネスプランとエンタープライズプランもあり、それぞれ月額400ユーロと1,000ユーロ。

概要

Condensは少々高価ではあるが、02、Just Eat、Eventbriteといった大企業に採用されている。つまり、コンデンスは最も優れた企業の1つであるという評価を確立しているのだ。

remote UXリサーチのための素晴らしいツールであり、その自動トランスクリプションは便利だが、結局のところ、Condensはリストの上位に位置するには少し高すぎると思う。

結局のところ、tl;dv は、25以上の言語での即時自動トランスクリプション、ビデオクリップとハイライトリール、ユーザーインタビューを保存するためのビデオライブラリなど、同じ機能の多くを提供しており、これらはすべて無料プランに含まれて います。

4.ミロ

Miroでは、テンプレートを使ってUXリサーチリポジトリを作成できるようになりました

Miroは、専門の研究リポジトリツールではないにもかかわらず、UX研究者の間で人気のあるツールです。より正確には、Miroはデジタルホワイトボードプラットフォームであり、ユーザーが視覚的にコラボレーションすることを可能にします。ワイヤーフレームやフローダイアグラムを作成するのに適しています。

しかし、上の画像にあるように、MiroはUXリサーチリポジトリ専用のテンプレートを提供するようになりました。これは、すべてのユーザーリサーチを視覚的で理解しやすい方法で保存できることを意味し、リストを劇的に向上させます。

長所

  • 企業全体が問題なくMiroを導入でき、関係者がユーザー調査を直接見ることができます。
  • リアルタイムのコラボレーション 
  • 優れた視覚化要素と簡単にできるカードソート
  • ユーザーインタビュー、ユーザビリティテスト、アンケート調査などに利用可能
  • 多くのトップレベルのアプリケーションやツールと統合されている
  • 優れたUX研究用テンプレート

短所

  • 録音や会議の書き起こしはうまくいきません(幸い、tl;dv は Miro と統合されており、難しい仕事をこなしてくれます)。
  • 限られた解析機能
  • 大量のデータを整理するのには向いていない 
  • Miroを使用していないステークホルダーとの共有が困難な場合がある
  • 研究に特化した機能を欠く

価格について

Miroは、Notionと同様、専用のリサーチ・リポジトリほど高価ではありません。無料プランでは、このプラットフォームの感触を十分に味わうことができます。

フリープランの特徴
  • 1つのワークスペースに3つの編集可能なボードを搭載
  • 2,500以上のコミュニティ製テンプレート
  • Slack、Zoom 、Google Driveを含む100以上のアプリとの統合
  • ボードの特定のエリアに個人を簡単に連れてきて、その人が何をするのかをフォローすることができる

概要

まとめると、Miroは、本来の目的や意図でなくても、UXリサーチのリポジトリソフトとして使えるという点で、Notionと少し似ていますね。 

Miroの主な欠点は、大量のデータを整理するのが困難なことです。多くのユーザー調査を行っている場合、Miroを使うと迷ったり、圧倒されたりする可能性があります。 

しかし、少量の個別調査であれば、情報を視覚的に表示できるMiroは、他の追随を許さない強力な選択肢となります。

5.ノーティオン

Notionは、研究用リポジトリソフトウェアに再利用することができます。

Notionは研究専用のリポジトリツールではありませんが、研究の保存、整理、共有に使用することができます。実際、ステークホルダー、クライアント、研究者以外の同僚と共有する必要がある場合、最も簡単な選択肢となるかもしれません。

Notionは、学習曲線が非常に低く、とにかく企業でよく使われています。Notionでデータを収集することにより、チームが全く新しいシステムを習得するために必要な費用と時間を節約することができます。

長所

  • 会社全体で問題なくNotionを導入でき、ステークホルダーがユーザー調査を直接見ることができます。
  • お客様のご要望に応じてフレキシブルに対応します。
  • リアルタイムコラボレーションにより、複数のチームメンバーが同時に研究リポジトリに貢献することが可能
  • Google DriveやTrelloなど、多くの人気ツールと連携
  • 強力な検索機能により、"リサーチ・リポジトリ "と言うよりも早く、価値あるインサイトを見つけることができます。

短所

  • 録音や会議の書き起こしはうまくいきません(幸い、tl;dv は Notion と統合されており、難しい作業をやってくれます)。
  • 限定的な分析
  • 限定的な可視化
  • 研究に特化した機能が限定されているため、追加のコードや分析が必要な場合は、足かせになる可能性があります。
  • Notion の外部にデータをエクスポートするオプションが限られている(関係者が Notion を使用していない場合は不向き)

価格について

Notionには寛大な無料トライアルがありますが、大規模なチームには向いていません。他のUXリサーチ専用リポジトリツールと異なり、Notionの価格はハイエンドプランでも適正です。 

フリープランの特徴
  • 個人はブロック無制限、チームはブロック限定トライアル
  • コラボレーション・ワークスペース
  • SlackやGitHubなどとの連携...
  • 7日間のページ履歴
  • 10名様をご招待
  • 基本的な分析

より高い限度額とより多くの機能をお求めの場合は、カスタマイズ可能なエンタープライズプランを含むノチオンの他のプランをご覧ください。

概要

もし、あなたのチームがすでにNotionを使用しているなら、研究用リポジトリにNotionを使用することは間違いではありません。専用の研究リポジトリソフトウェアは高価なので、かなりのコスト削減になります。それ以上に、時間の節約にもなります。あなたはすでに使い方を知っているので、あとは追加のユースケースを与えるだけです。 

しかし、あなたの会社がNotionを使用していない場合はどうでしょうか?何を使っているかにもよりますが、Notionはまだ良い選択肢になり得ます。もちろん、研究用リポジトリに再利用できる潜在的な文書作成ツールをすでに使用している場合は、それが理想的でしょう。そうでない場合、Notionは習得が難しくなく、赤字になることもありません。

結局のところ、このリサーチリポジトリを同僚や関係者、顧客と広く共有するために使うのか、それとも単にユーザーリサーチャーの専用の隠れ家として使うのか、ということに尽きると思うのです。

6.迷路

Mazeは強力なUXデザインツール

Mazeは、製品の発見段階を継続的に行うために設計された、直感的なツールです。多くのユーザーインタビューや ユーザビリティテストを実施しているユーザー中心の製品チームに最適です。

Mazeは、製品開発サイクル全体を通してユーザーからのインサイトを継続的に収集し、製品の可能性を最大限に引き出し、真に際立った製品にすることを推奨しています。

特に、プロダクトデザイナーやUXリサーチャーに有効です。

長所

  • 世界中どこからでもユーザー調査やテストが可能
  • ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、研究者でなくても簡単にリサーチやインサイトの閲覧が可能
  • 定量的なデータだけでなく、定性的なデータも収集・蓄積できること
  • FigmaやSketchなどの他ツールとの連携

短所

  • 限られたカスタマイズオプション
  • 分析・レポート機能の強化が望まれる
  • カスタマーサポートをもっと充実させてほしい
  • このプラットフォームは、remote 研究に限定されているため、すべての研究プロジェクトに役立つとは限らない。

価格について

上記の2つのUXリサーチリポジトリツールのように、Mazeには無料プランがあり、有料版に飛びつく前にトライアルすることを強くお勧めします。世界最高の無料プランではありませんが、プラットフォームの簡単な使用感を得るには十分です。

フリープランの特徴
  • 1研究/月
  • 5席
  • 最大7ブロック

より高い限度額、クリップ、オープン・クローズドカードの並べ替え、テンプレートなどは、Mazeの有料オプションをご覧ください。

概要

Uber、Glovo、Rappiが使用するMazeは、UXリサーチャーの夢のようなツールです。特にユーザー調査を念頭に置いて設計されているため、最高のリサーチリポジトリプラットフォームの1つです。 

学びやすく、使いやすく、継続的なユーザー調査に重点を置いていることから、Mazeはユーザー調査のためだけのリポジトリを必要としている人にとって最有力候補となります。より一般的なドキュメントツールとしてリポジトリを使用することを望んでいたチームは、他のものを探す必要があるかもしれません。

 

7.プロダクトボード

Productboardは、マイクロソフトやZoom のような大手企業で使用されているリサーチリポジトリソフトウェアである。

Productboardは、最も使いやすいUXリサーチリポジトリソフトウェアです。製品管理プラットフォームとして、Productboardは、顧客のニーズを理解することによって、適切な製品をより早く市場に投入することを支援します。そうすることで、優先順位と構造を構築し、直感的なロードマップの下にチーム全体を配置することができます。

Productboardは、プロダクトマネージャー、特にコンピュータソフトウェアや 情報技術サービスの担当者に最適です。

長所

  • お客様の声を簡単に収集し、整理することができます。
  • 製品開発におけるタスクの優先順位付けと整理のための機能
  • 非同期およびremote 作業チームのためのコラボレーションツール
  • TrelloやJiraなどの他ツールとの連携

短所

  • 初めての人には難しいかもしれない
  • カスタマイズが難しい 
  • カスタマーサポートを改善すべき
  • 小規模な企業にはコストがかかる場合がある

価格について

Productboardには無料プランはありませんが、無料トライアルがあります。有料プランにアップグレードする前に、15日間その機能を試すことができます。

無制限の製品、機能、ロードマップが必要な場合は、次のいずれかの有料プランに申し込む必要がある。 有料プランのいずれかに申し込む必要があります。.

概要

マイクロソフトもZoom もプロダクトボードを使用しているので、ビジネス戦略におけるプロダクトボードの重要性を理解するのは簡単だ。

Productboardは少しニッチなので、初心者には学習曲線がある場合があります。ユーザー研究者であれば、学習性について熟知しているはずですが、職場の全員がそうではありませんし、自分の小さな役割のためだけに複雑な新システムを学びたいとは思わないでしょう。

Productboardの使用は、研究データを超便利な方法で整理する、選ばれた研究者チームに最適でしょう。

あなたに最適なUXリサーチリポジトリ

結局のところ、何があなたのビジネスに最適かは、あなただけが知っている。すでにNotionやMiroのようなものを使っているチームがあるのなら、もっと複雑なものを全員に学ばせようとしても無駄だ。しかし、実施する調査の種類が徹底的で複雑なものであれば、より専門的な調査リポジトリが必要になるかもしれない。 

このリストのツールが、あなたのチームが必要としているもの、そしてあなたのステークホルダーが最もアクセスしやすいものについて、理解を深める助けになったことを願っている。覚えておいてほしいのは、ステークホルダーがあなたのリサーチを見ることができなければ、それは事実上無意味だということだ。

どのUXリサーチリポジトリを利用するにしても、tl;dv 、他では見られないユーザーインタビューへのハイパーリンクをすぐに利用できるよう、必ず提携してください。

tl;dv販売
最も重要なことに時間を使いましょう。セールスインテリジェンスを発見し、チームがあなたのPlaybooks にどれだけ従っているかを追跡します。tl;dv は チームのお気に入りのツールで、すべてのミーティングから洞察を 得ることができる AI ミーティングアシスタント です。
録音と録画 (+30ヶ国語)
新しいMRを簡単に採用
MEDDIC、BANTなどの一般的なフレームワークに照らして会議を評価する。
独自のフレームワークを作る
会議メモをお気に入りのCRMに自動プッシュ
ミーティングをコントロールするためのスピーカーの洞察
  • あなたが参加しなくても、ミーティングには参加する。
  • 30ヶ国語以上の記録と転写。
  • 好みの構成でメモを取る。
  • 1回または複数の会議を要約する。
  • お気に入りのツール(Slack、Notion、CRMなど)を自動更新。
  • あなたの会議スタイルに関するコーチング的洞察を提供します。
次の会議に遅れそうですか?
代わりに tl;dvを送信してください!